シンプル?オーダー?それともブランド?結婚指輪イロイロ

結婚指輪は耐久性が大切です

婚約指輪とは異なり、職業的に問題なければ離婚をしない限り生涯に渡り身に付けるものとして、結婚指輪は耐久性が求められています。プラチナが選ばれている理由として、金属としての安定性と金よりは硬度を持たせることが出来るからです。合金としてメインの素材以外の割合が増えると、金属アレルギーを起こしやすくなるので、なるべく純度が高い安定した材料で結婚指輪は作られます。
デザインを行う際にも、奇抜すぎる形では一部が折れてしまったりすると困るので、無難なデザインが求められるわけです。結婚指輪は全ての場面で身に付けたまま式にも出席することになり、奇をてらったデザインでは目立ちすぎるために敬遠されがちです。オリジナルデザインをする際にも、婚約指輪とは異なる常時身に付ける指輪としての役割を持たせることが必要です。

新素材も注目されている結婚指輪

結婚指輪で用いられる素材として、プラチナや金が一般的でした。強度を持たせるために合金とすることも多く、金属アレルギーを持つ人にとっては結婚指輪が単なる記念品としての意味合いとなってしまう問題が存在していたわけです。しかし、金やプラチナを純度100%に近い素材とすると、強度の面から耐久性が心配されたので、合金が用いられ続けていました。
結婚指輪に対して素材に縛りを設けずに、常に身に付けていたいと考える人に向けて新しい素材が用いられるようになりました。金属アレルギーを持っている人でも安心して結婚指輪として利用出来る素材に、ステンレスとタングステンが使われるようになったのです。ステンレスでは一般的すぎる素材と感じる場合には、タングステンを用いると良いでしょう。金属素材として最も硬いタングステンは、加工技術が追いついていませんでしたが、ついに結婚指輪としての加工が出来るようになりました。

結婚指輪を大阪のセレクトショップで見つけることができます。1点物も多く有るので、他の方と被らないのも良いです。

© Copyright Colored Wedding Dresses. All Rights Reserved.